星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー8人共同ブログ☆

冬の星座から・・・アルデバラン

f:id:tenkai_kaiou:20210210193958j:plain

☆こんばんは☆

 

華やかで 賑わしい 冬の星空から 今回はアルデバランさん紡がせてくださいませ

 

アルデバラン 聞いたことありますか???

 

ベガとか北極星とかペテルギウスとか・・・と違い 慣れ親しんだ感じないかな?

 

でも 牡牛座と聞けば、 よくご存ですね 黄道十二星座の一つ 

  星占いには欠かせません

 

牡牛座は 冬の夜空を代表する星座の一つで

  東の空から オリオン座に先駆けて登ってきます

 

また牡牛座には、プレアデス星団やヒアデス星団も居て 賑やかなことです

 

この牡牛座さん 何処に住んでいるかというと

 

牡牛座を探すには 牡牛座の中で一番輝いている一等星のアルデバランさん

 このアルデバラン を探すのが手っ取り早いのです

 

f:id:orihime-vega:20210202213843j:plain

(88星座図鑑より) 

 

まず、オリオン座を 見つけてくださいな

 

そのオリオン座の真ん中に並んでいる三ツ星を

 東から西の方に(気持ち斜め右上かな)結んで延ばしていくと

   最初に突き当たる赤く輝く星が 牡牛座の一等星 アルデバランです 

      意外と 簡単に見つけられます(^^♪

 

さらにアルデバランからすぐ西に目を向けると 

  小さな星々があつまって輝いているプレアデス星団が見つかります

    日本国では「すばる」と呼ばれ 昔から親しまれている星団です

 

牡牛座は 狩人オリオンに襲い掛かる大きな2本の角を持った

 牡牛の上半身の姿を表した星座で 

  アルデバランは、牡牛の右目にあたる星です

 

ちなみに すばる は牡牛の背中部分で輝いています☆彡

 アルデバランの左上に2つの星 がありますが これは角の部分です

    

アルデバランは、アラビア語のアッ・ダバラーンに由来するといわれ

 これは「後に続くもの」の意味です

 

何の後に続くかというと、すばる(プレアデス星団)の後に続いて東の地平線から登ってくるからです。

 

また、「冬のダイヤモンド(冬の大六角形)」メンバーの一員でもあります。

・・アルデバラン、リゲル、シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ・・・

f:id:orihime-vega:20210202213816j:plain

  

私たちの星から 約65万光年ほどのところに住んでいます

ちなみに  すばるは    400光年 

      ヒアデス星団は 150光年

 

重なって見えているだけで、それぞれは随分離れているようです。

 

賑やかな星空の中 赤いアルデバランさん 

  是非とも 探してみてくださいな(^^♪

 

 

♡ご訪問いただき 本当にありがとうございました<(_ _)>

 

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村