星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー8人共同ブログ☆

立春 地球がもっと愛おしくなる

f:id:heliot:20210126151217j:plain

2021年2月3日は 『立春』(立春

 

二十四節氣の最初、そして 春の最初の一番目『立春』です。

太陽黄経が315°に達した日。2月3日から雨水の前日2月17日までの15日間にあたります。

暦便覧には「春の気たつを以て也」とあります。寒さも峠を越し、 初めて春の氣配があらわれてくるころといった意味になります。

 

 

 

実は、立春が2月3日というのはかなりレア。

明治30年(1897年)以来124年ぶりとのことです。

ということは、節分も前倒しの2月2日に移動します。

なぜそんなことが起こるのかというと

1年は365.2425日なのです。

毎年0.2425日長いのですね。時間にすると6時間弱。

それを補うために4年に一度、1日長くするうるう年があります。

ですが時間にして6時間弱という弱が問題なのです。

弱なのですこーし足りない、、、、

そのすこーし足りない分(約1分)のために

124年ぶりに1日早くなったということなのです。

 

1日早めに来た今年の節分👹、豆まきされましたか?

コロナを追い払って、福を呼びたいですね(*^-^*)

 

2月3日23時59分

地球号🌏は立春点を通過します。

 

  

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村