星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー9人共同ブログ☆

太古のお月様 (^^♪

f:id:heliot:20200913235116j:plain

地球さんにとっても 地球で暮らす生命体にとっても 絶対必要なもの

空気、水 そして お月様

 

月が無くなったら

  月夜の風情が無くなる・・・淋しいです

  潮の満ち引きも小さくなって・・・海が淀む・・・魚や珊瑚が生きれない

  満月に産卵する生き物・・・珊瑚、カニさん困ってしまいます

  そして地球の自転軸が安定いたしません^^;

 

 月の誕生については 諸説ございましたが

 現在は 

 地球に大きな天体が衝突した時 地球から飛び出した塊がお月さまです。 

            (ジャイアントインパクト説)

 で落ち着いているようです( ^ω^)・・・

 

その頃の月は・・・

  お月様 地球のすぐそばを回っていたのですって

  それが 少しづつ地球から離れていき 今の位置にいます

 

少しづづ?

  1年に約3㎝ほど 地球から遠ざかっていき 現在進行形です。

 

理由は

  お月様 地球に潮の満ち引き起こします。この地球と月の間の潮汐力により 

  地球の自転速度が約10万年に1秒遅くなることが原因ですだそうです。

 

だから4億年前は 1日は約22時間半 1年は400日もあったとか

ちょっとした 驚き 考えてもみませんでした

    

それでは大昔は というと 

  地球から約2万km程の所にお月様があって(今は約38万㎞離れています)

    太古の地球さん 1日は5時間ほど 2時間半もすると日が沈み

      今よりも10倍も大きくて 近くにある月が出てきます

         海は今よりも大きく満ち引きを繰り返し・・・

 

想像出来ますか???

  

ちなみに

  何十億年先には、月の動きが地球に影響を及ぼさない ところまで

  お月様離れていくそうです。

 

今年の 中秋の名月は 10月1日 (^^♪

  太古のお月様にも 思いを馳せてみてくださいませ

 

 

  

♡ご訪問頂き 本当に ありがとうございました<(_ _)>

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村