星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー9人共同ブログ☆

惑星さんのお名前は (^^♪

f:id:mifatan:20200607175909j:image

惑星さんの名前の由来 見つけました、紹介させてくださいな 

 

現在使われている英語の名前、

  全部 ギリシア神話の 神様のラテン語名 が元になっていて・・・

     どんな神様かといいますと???

 

水星・・マーキュリー(Mercury)= 伝令の神「ヘルメス」のラテン語名から

 

金星・・ヴィーナス(Venus)  =  美の女神「アフロディテ」のラテン語名から

 

火星・・マース(Mars) =   戦争の神「アレス」のラテン語名から

 

木星・・ジュピター(Jupiter) = 神々の王「ゼウス」のラテン語名から

 

土星・・サターン(Saturn) =  農耕の神「クロノス」のラテン語名から

 

天王星・・ウラヌス(Uranus) = 天空の神「ウラノス」のラテン語名から

 

海王星・・ネプチューン(Neptune)=海の神「ポセイドン」のラテン語名から

 

冥王星にも 神の名前があり    冥界の神「ハデス」のラテン語名から

  

 地球の英語名「アース」もギリシア神話の大地の神「ガイア」に当たります

 

面白い事に これらの星の名前のもとになった神々は、神話の中では一つの家族です。

  ガイア(地球)を母 ウラノス(天王星)を父として

     その間に生まれた12人の子供の一人がクロノス(土星)

  クロノスの子供が

     ポセイドン(海王星) ハデス(冥王星)ゼウス(木星)

  ゼウスの子供が 

     ヘルメス(水星) アフロディテ(金星)アレス(火星)

 (本当は、太陽一族の 父母は 太陽さんなのですが、これはこれで面白い)

 

 

長くなりますが 日本国での 由来は???

 

私たちが使っている水 金 地 火 木の惑星の名前は 

   古代中国の陰陽五行説からきているそうです

 

  ・水星は 目まぐるしく動くので 水に

  ・火星は 赤いので 火に

  ・金星は 明るく輝くので 金に

  ・土星は 黄色いので 土に

  ・残った木星に 木を当てはめたようです。

 

 ☆惑星さんのお名前 

     西洋では神様が生活の中心だったのかな?

     東洋では 自然が生活の中で占める割合高かったのかな?

   現在もなお、その傾向 一部では 続いてるような氣がいたします。 

 

なお、天王星、海王星の漢字名は中国で名付けられたようですが

冥王星は 日本人の提案によるものだそうです。

 

【資料】「太陽系惑星の謎を解く」の中から 一部抜粋させていただきました

 

 ♡ ご訪問頂き 本当にありがとうございました m(__)m

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村