星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー9人共同ブログ☆

ハビタブル・ゾーン内で生かされています♡

f:id:heliot:20180505031530j:plain

水は生命体にとって 必要不可欠な物質です。

何故、太陽系惑星の中で 地球にだけ水があるのでしょうね?

今年初ブログ 陽水にちなみ 地球の水 について紡いでみます (๑・̑◡・̑๑)

 

・星に水が存在する条件は

 ☆星の地表面の温度が0℃~374℃の範囲であること

    (374℃は 水の臨界温度です)

 

・その鍵を握るのは 恒星と惑星 の距離です。

 ☆太陽に近い・・・水はすべて蒸発、やがて大氣からも無くなる   

  太陽から遠い・・・惑星の表面は凍り付いてしまう

 

・暑すぎる領域と寒すぎる領域に挟まれた、液体の水が出来る領域を

 ハビタブル・ゾーン(生命生存可能領域)と呼んでおります。

 

・太陽系のハビタブル・ゾーンは、金星の少し外側から火星の少し内側です。

 最近は、火星までハビタブル・ゾーンが広がっていると考えられています♪

  

なので、金星さんでは水は蒸発し、土星さんでは表面が凍り付いてしまいます。

 

地球に生命が生まれたのは、

   太陽からの絶妙な距離に 地球さんが生まれたことに尽きるのですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

さらに言うと、地球の大氣さんからも 愛されていて

 大氣が無ければ、地球の平均気温はマイナス18℃と予想され

  私達地球の生命たち 

    毛布みたいに地球の大氣さんに包まれて 適温で生かされています♡

      (もっとも、現在は人為的に暖かくなり過ぎ・・・(´・_・`))

 

今後 さらに太陽さん だんだん明るくなっていくため

 ハビタブル・ゾーンもそれにつれ外側に移動し

   地球さんは15億年から25億年後にはハビタブル・ゾーンから外れます。

 

その頃は、地球さんも 人類も 素適に進化をとげ  自由自在に宇宙で・・・♪

 

大宇宙の精密に計算された設計図には 不思議が山積みで

    偶然? or 必然?

      全くもって 目が離せません♪

       

 

♡ご訪問いただき、本当にありがとうございました

      今年もよろしく お願いいたします<(_ _)>

 

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村