星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

七五三

f:id:heliot:20191128181944j:plain

孫娘、最後の七五三に、明治記念館に行ってきました。

 

成人式まじかのお孫さんのいる友人には

[まだ、七五三あるんだ~]と笑われましたが・

 

子供の健やかな成長を祝う節目の日。

 

3・5・7の奇数で行うのは、中国の陰陽道に

[奇数が縁起がよい]という思想があったため。

 

昔は、乳幼児の死亡率が高く、[7歳までは神の子]といわれ、育つことが難しかった時代。

 

3歳5歳7歳は、子供の厄年ともいわれ、厄落としの意味と、

氏神さまに、ここまで無事に成長した感謝の氣持ちを捧げ、これからも元氣に育つようにと祈願する日。

 

お気に入りの赤い着物の7歳の孫は、髪飾り・筥迫・バックを得意氣に見せてくれました。

無邪気に晴れ着姿を喜ぶのが、伝わってきました。

子供が健やかに育つのは、すべての大人の願いでもあり、子供の笑顔と笑い声は、平和であればこそと思います。

 

10年前、3歳の七五三だった孫は中学一年生、私の背丈を越え、着物姿で現れ、一瞬誰だかわからずビックリでした。~

私にとっての10年はあっという間ですが、

明治記念館の中庭で跳びはねていた子の10年の月日は、なんと心身ともに成長し、充実していたことだろうと感心しました。

 

我が家の、ささやかな儀式はこれでおしまい。

次は、7年後の成人式か?

 

元氣で見てみたい氣がします。

 

皇室の重要な儀式である新嘗祭。

(天皇が、みずから神に新殻を捧げる儀式)

 

庶民に伝わっている儀式は、受け継いでいけると思いますが、皇室の儀式は、一回途絶えたら終わってしまうというもの。大事にしてほしいと思います。

 

帰りは、ひとりで向かいの東宮御所の周りを散策、警備のお巡りさんを、たくさん見かけました。

ありがとうございます

 

 

老子

第四章

[静かに生きるために]

 

096  自然のリズム

 

天地をつかさどる自然の現象は、

強弱のリズムをもって交互に循環を繰り返している。

大しけの前には穏やかな凪があり、

嵐の前にはひとときの静けさがある。

そして、

台風が過ぎれば晴天になるように・・・。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村