星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

ツバメの ねぐら入り

f:id:heliot:20190827155724j:plain

こんにちは

今日は、巣立った後の ツバメさん達のお話です。

 

その後 ツバメさん達 どのように過ごされていると 思われますか (๑・̑◡・̑๑)

 

「春から夏にかけてやってきたツバメさん 家の軒先で子育てして、

その後は みんなで東南アジアの国々に帰っていく」

そんな程度の知識しか持っていなかった私でした。 が

 

友人から

「ツバメのねぐら入り 見に行かない」と誘われ

 

えっ  ねぐら入り????  それは、何のこと??? (´・_・`)

 

友人曰く

「ヒナが大きくなって巣から出て、東南アジア等に旅立つ前

たくさん餌を食べて、旅の準備をする その間は、ツバメさん達 みんな一緒に寝るのよ

育て中も、巣の中に親はいないでしょ 寝床に帰って寝るから・・・  」

 

「エー」「ホントニ 」一緒に巣の中にいると思っておりました・・(´・_・`)情けない

     

「とにかく、凄いからね。

 日没前になると、四方八方から ツバメ達が集団でやってきて、ねぐらの上を 

 結構なスピードで旋回し始めるの。空が真っ黒になるくらいね

 と、いきなり、一斉に 下降してねぐらに入り その後はシーンと静まる・・・

 とにかく 感動します・・・」

 

「スゴイ」「ホントニ 」ヒッチコックの映画みたいじゃないの。

 

連れて行かれた場所は、家から車で5分とかからない

   農場が一面に続く 高台のとうもろこし畑の一角 でした。

こんな 近くに

   毎年この場所に 毎晩 帰ってくるツバメさんのねぐらが あるなんてねぇ(*_*;

 

最初訪ねたのは、7月中旬

30から50くらいの集団がやって来ては旋回し、ねぐらに入っていきましたが

まだ、早かったのでしょう、「スゴイ」 には至りませんでした。

 

その後 8月中旬 野鳥の会の観察会には参加できず

  (良かったよ♡ と友人からの便り頂く)

 

八月末に訪問  が  少し遅かったようで、空が真っ黒になるほどの 光景は 見られず

   来年こそは・・・と思います♪   

      待ってるからね ツバメさん♡

 

ネットでは、広大なヨシ原へねぐら入りする数万羽のツバメさんupされておりました。

 全国区で、8月 夏の暑い日 ツバメさんねぐら入りしているのですね。

  各地で観察会 の企画があることも 初めて知りました。

 

自然が大切と言うわりに 身近な動植物さん達について

 知らない事ばかりの ワタシ ですが  少しづつです。

   少しツバメさん達と 仲良くなれたような氣がいたします。

 

 

♡ご訪問いただき 本当にありがとうございます <(_ _)> ♡

  

www.wbsj.org

 

 

にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村