星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

おばあさん

f:id:heliot:20190621213454j:plain

フランスの絵本

[パリのおばあさんの物語]

岸 恵子 訳

 

人間の定め

生まれて  死ぬ

 

その間の生きて・老いて

老いについて、つらつら考える身には、とっても素敵な絵本でした。

 

[おばあさん]の響きが、オシャレに聞こえるので不思議でした。

挿絵がとても可愛いらしいのです。

 

四分の三世紀生きた

一人暮しの、ユダヤ人のおばあさんのお話です。

ドイツのナチス政権下で、苦労した辛い思い出。

国を離れて、言葉も習慣も何もかもが違った

フランスに来ての、戸惑い。

 

足をひきずり、手も不自由なおばあさん。

 

お財布から、鍵をやっと出して、気難しい錠前に差し込むのも一苦労!

 

そんなとき、おばあさんは [わたしの可愛い扉ちゃん、わたしを早く中に入れてちょうだい]と言う。

これは、私が真似をしたくても無理かなぁ・・

 

息子からの電話に、一瞬[眼が見えなくなり、手がいうことをきいてくれない]と口走りそうになります。

これは、私がこころして見習いたいところです。

薬を飲むのを忘れ、眼鏡を、指輪を、ハサミも、日がな忘れ物さがしで暮らします。

[一つ失えば、もっといいものが、十も転がり込んでくるさ]

私も、ウンウンと頷きながらも、天性の明るさなのかと、うらやましくもあります。

 

人生の苦楽が、刻みこまれた顔の無数のしわを、[なんて美しいの]と呟く。

長い人生の体験をすべて受け入れて、昇華させて、出来ることをやっていく。

愚痴らずに!

 

老の生き方は、これからの私の課題。

 

やさしい心で、感謝の氣持ちを忘れずに、前向きに~

 

ありがとうございます💚

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パリのおばあさんの物語 [ スージィー・モルゲンステルン ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/6/21時点)


 

 

老子

 

第三章

[しなやかで力強く生きるために]

 

073  無理をしては

     いけない

 

何ごとも無理をしてはいけないよ。

つま先立って、長く立っていられるかい?

大股で人を追い越して行っても、

それで長続きするかい?無理をして自分を誇示して見せたところで、

そんなものは一時的なことで長続きはしないだろう?

だから、

何ごともあるがままでいいんだよ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村