星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

💗思いやる💗

f:id:heliot:20190119003717j:plain

図書館の書架を見ていたら、[将棋世界]の表紙が藤井聡太さん。

思わず手にとってしまいました。

 

昨年の新春スペシャルインタビューも

15歳四段の藤井聡太さんでした。

その時は[将棋の実力は20代前半にくると思っているので、それまでにしっかり強くなるようにしたい。]

色紙には[飛翔]と書いてありました。

 

2019年

16歳 七段

[昨日より今日、

今日より明日、自分が強くなっていたい。]

色紙には、[進歩]とありました。

 

一年で、顔つきが少年から青年に、爽やかさはそのままに、七段の雰囲気が出ているようでした。

孫のような聡太さん、ますます魅力的になられて今年も応援しています。そして楽しませてもらいます。

 

同じ[将棋世界]に初のタイトル王座を獲得した、斎藤慎太郎さんと、師匠畠山鎮七段の対談記事がありました。

 

斎藤さんの言葉

[その人には、その人の氣持ちがあるから、自分は受け止める。

理解しないまま、人を否定することはしたくない。]

 

保育園の時、友達に馬乗りされたり、叩かれたりされても怒ったりしたことがない。

母親が、

[どうしてやり返さないの?]と聞いたら、

[あの子にはね、あの子の氣持ちがあるんだよ]

斎藤さん、5歳の言葉

 

人の氣持ちを大切に思い、相手を思いやれる。

 

畠山さんは、すでに

大人(たいじん)です!!

 

10歳で、後に師匠となる畠山さんに、指導対局を受けた時に

[この手は、どんな氣持ちで指したの?

もっと姿勢を正して、自信を持って指したほうがいい。

そのほうが、相手へのプレッシャーになる。]

 

この言葉が、斎藤少年の心に響き、

[畠山先生に、師匠になってほしい]と手紙を書くことに・・・

 

師匠は、この才能を育てられるか、弟子入りを迷い、谷川浩司さんに話したところ、

[その子は縁を感じて手紙を書いているのだから、その氣持ちを大切にしてあげたらいいのではないか]と答え、

💚師弟💚の成立

 

思いやれる氣持って、大事なこと、素敵なことと、改めて心に感じさせていただきました。

 

藤井さんが3段に上がったら、将棋を指してみたいと、斎藤さんが誘って練習将棋のパートナーであったとのこと。

 

お互い、尊敬しつつ、成長していくのですね。

 

新春早々、素敵なお二人(現在25歳と16歳)の記事から

若いエネルギーと元氣をいただきました。

 

相手の氣持ちを思いやれる人が、一人でも増えたら、

地球さん、喜ぶことでしょう✨✨

 

ありがとうございます💗

 

老子

第二章

[たおやかに、自由に生きるために]

 

052

頑張りすぎない

 

仕事をする場合でも、

あまり頑張りすぎると、疲れて、

最後の仕上げのところで失敗する。

はじめのように気楽にやれば、

失敗することなどなかったのに・・・

 


にほんブログ村