星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

読み返す。

最近、以前に読んだ小説を読み返しています。

この前読んだのは藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」でした。

f:id:tenkai_kaiou:20181222080510j:plain

初めて読んだのは十年以上前になります。

今読み返してみて
「人間はそうあるべきなのだろう。衰えて死がおとずれるそのときは、おのれをそれまで生かしめたすべてのものに感謝をささげて生を終えればよい。しかしいよいよ死ぬるそのときまでは、人間はあたえられた命をいとおしみ、力を尽くして生き抜かねばならぬ」
この部分がとても心に響きました。

歳をとるとともに、またその時のおかれた状況によって同じ小説でも感じ方が変わるものだと感じました。