星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

宇宙誕生の1秒間に・・・何がおきたの?・・・

f:id:heliot:20181006142126j:plain

こんばんわ (๑・̑◡・̑๑)

前々回、宇宙の進化について紡がせていただきました。

今回は、ビッグバンの前におこったとされる
    インフレーションなど について  紡がせてください(๑˃̵ᴗ˂̵)
 

ビッグバン!!  宇宙が誕生して1秒後には もうこの状態でした。  

ビッグバンの灼熱状態  ・・・ どうやって生まれたの??

1秒間という短いあいだに・・・ いったい何がおきたの・・・???

インフレーション理論って何???

 1981年   佐藤 勝彦さん、アラン・グースさん が(それぞれ独立に)提唱

【インフレーション理論】

 ◎宇宙誕生直後(ビッグバンの前)のごく短い時間に、光速をはるかにこえるよう
  な、すさまじい 急速な膨張(インフレーション)が起きました。◎

              

★私達の初期宇宙、どのくらい急膨張したのかというと、これがまた すごいのです♪

 ・10のマイナス36乗秒程度というわずかな時間に

 (1秒の100億分の1の100億分の1の100億分の1の100万分の1程度)


 ・空間(体積)が10の43乗倍程度

 (100億倍の100億倍の100億倍の100億倍の1000倍程度)

      も膨れあがるという凄まじい現象がおきた と いうのです。

【1ナノメートル(10億分の1メートル)が100億光年まで広がるのと同じ倍率】

 

★目の前にあった空間が、光速をはるかにこえる速度で遠ざかってしまう、すさまじい膨張・・・しかも、インフレーションは加速的な膨張で、時間が経つにつれて速度が増すような膨張とされます。 

 

それがどうして火の玉に??? 

 ・ビッグバンより前には、素粒子にも満たない小さな宇宙があり、「真空のエネル
  ギー」で満たされていたと仮定しました。

 ・この真空のエネルギーの性質をもとに計算をすると、小さな宇宙は倍々ゲームのよ  
  うにインフレーションをおこし、光より速いスピードで空間を広げ、突然(真空の
  相転移により)、その真空のエネルギーが、熱エネルギーに転換され、ビッグバン
  の「火の玉」を生み出したと説明されております。

(本当に簡単な説明で ごめんなさい<(_ _)>
 いつか、「真空のエネルギー」「真空の相転移」についても紡げたらいいのだけど)

 

宇宙の最初の1秒間って・・・どんなふう?

  ☆宇宙誕生の10のー44秒乗 後 

  ・小さな小さな宇宙の内部には、真空のエネルギーだけが存在しておりました♡
   インフレーションが始まり、真空のエネルギーは光より速いスピードで空間を広
   げていきます。

  ・倍々ゲームを100回ほど繰り返したころ、宇宙さん 突然、火の玉に変身 ♪♪♪

  ・このときの温度ときたら、1兆℃の、そのまた1兆倍以上とも予想され
   真空のエネルギさん、一気に物質に変わり、
   クォークや光子等、17種類の素粒子の素が誕生するのです♡ 
   誕生したばかりの素粒子は、まだ質量ももたず、役割も無く、ただ光のようなス
   ピードで飛び回っています。


  ☆誕生して、100億分の1秒後

  ・宇宙の温度は1000兆℃まで下がり、ヒッグス粒子が仕事を始めます。

  ・その結果、その影響を受けた素粒子は、質量を持ち、ゆっくり動くようになり、
   さらに、それぞれの素粒子が役割を持つようになりました。

  ☆誕生から、1万分の1秒後・・・また大きな変化が・・・

  ・クォークがグルーオンによって結びつき、陽子や中性子が次々とうまれて
   きたのです♡

  ☆誕生から1秒後までには

  ・陽子、中性子、電子がそろいました。

   やっと? お星さまや、銀河の基ができたのです。

 

◎誕生から1秒の間に、インフレーションは終わりをむかえ、インフレーションを引き 
 おこしていたエネルギーをもとに、物質や光などが大量に生まれ、
 宇宙は高温・高密度の物質で満たされるようになりました(ビッグバン宇宙誕生)

   宇宙さん、1秒の間に、ものすごく変身、現在に続く基本形がつくられ
   さらに、膨張しながら成長し、138億年かけて現在の宇宙になり、
    さらに、さらに、どんどん大きく成長しています。

   

 インフレーションの痕跡探し

宇宙マイクロ波背景放射にきざまれた「原始重力波」が、宇宙誕生直後にインフレーションがおきたことの証拠になるとされています。

現在、世界各国の研究機関が(30チーム近くもある)、原始重力派の痕跡の観測にしのぎを削っています。将来的には、重力派そのものを直接観測しようという計画もあります♫

 


  ◎たくさんの不思議が詰まっている1秒間、真相はいかに???
   真相は、人類が思いもよらないようなことばかりが いっぱい・・でしょうね♪

 

  ♡この1秒間って、赤ちゃんがお母さんの胎内にいる時みたいな、

   宇宙さんの  将来設計ができる 大切な時間だったりして♫・・・?

   宇宙さん やっぱり  意志をもって生きているような・・・(๑・̑◡・̑๑)
 

 

♡ 小さな織姫庵、ご訪問いただき 本当にありがとうございました <(_ _)> ♡

 

      参考文献:宇宙は無数にあるのか     佐藤 勝彦  
           宇宙はなぜこのような形なのか NHK「コズミック フロント」制作班
           宇宙論、 大宇宙、      ニュートン