星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

縄文時代の土偶・土器、国宝6点 ♫♫♫

縄文時代の土器は、表面に縄や紐を転がして(縄目模様)模様が作られていました。

縄文の造形の特徴で、「縄文の由来」になっています。♫

 

土器は、再生のシンボルの考え方で、土器に「ヘビの形」やへりに「月を表現」(しずく型は「新月」、丸い形は「満月」)されています。

月の満ち欠けに人の一生を。人も月も「再生」を繰り返しされ、「再生を重視」・縄文土器にさまざまに表現されています。

ヘビは、脱皮する事を「再生の象徴」、「死」と「再生」の繰り返しとされ、

死者に対して、「屈葬」され母なる大地にかえるとされ、死者を大事に守り暮らしていました。(*^^*)

 

国宝に美術的に優れ、学術的価値あるものになったのは、6件、20年位前からです。

1995年: 縄文のビーナス(縄文中期)

長野県:茅野市棚畑遺跡出土、茅野市尖石(トガリイシ)縄文考古館保管

f:id:hikaricanopus3:20180908024124p:plain

http://www.city.chino.lg.jp/www/togariishi/index.html

 

1999年: 火焔型土器(縄文中期)

新潟県十日町市笹山遺跡出土、十日町市博物館保管

f:id:hikaricanopus3:20180908024200p:plain

http://www.tokamachi-museum.jp/information01.html

 

2007年: 中空土偶(縄文後期)

北海道:箸保内野(チョボナイノ)遺跡出土、函館市縄文文化交流センター保管

 

f:id:hikaricanopus3:20180908024226p:plain

 http://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/73

 

2009年: 合掌土偶(縄文後期)

青森県;風張1遺跡出土、八戸市埋蔵文化センター是川縄文館保管

f:id:hikaricanopus3:20180908024304p:plain

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,21230,43,153,html

 

2012年: 縄文の女神(縄文中期)

山形県:西ノ前遺跡出土、山形県立博物館保管

f:id:hikaricanopus3:20180908024334p:plain

http://megami.town.funagata.yamagata.jp/

 

2014年: 仮面の女神(縄文後期)

長野県:茅野市中ッ原遺跡出土、茅野市尖石縄文考古館保管

 

f:id:hikaricanopus3:20180908024401p:plain

http://www.city.chino.lg.jp/www/togariishi/contents/1446544820161/index.html

 

 

「縄文のビーナス」は、焼くときに、爆発しないように、急激に膨張しないように、火の加減を調整され壊れないように作られてパーツごとに組み立てられています。

「中空土偶」は、中は空洞・厚さ2mmの薄い所があり、技術的高さ、「縄文の女神」は、45cm・3kgの重さ、最大級の土偶、「合掌土偶」は、修復されながら使われていました。粘土のはみ出しを消され、綺麗に、仕上げられています。

考えられて、作られ、装飾的で他に類を見ないです。

実用性より「美」を重視されています。

 

中国の土器・「彩陶鉢」、メソポタミアの「壺」・「無文鉢」、エジプトの「刻文入壺」は、形がシンプルで実用的なものです。

中国の土器・「彩陶鉢」

f:id:hikaricanopus3:20180908024430p:plain

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%99%B6%E7%A3%81%E5%99%A8_%E6%96%B0%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%9C%9F%E5%99%A8

 

ベルギーやアメリカの展示会で、「縄文の文化」が高く評価されてから、日本でも「美的価値」が評価されるようになりました。

 

(各資料館さま、NHKさま、東京国立博物館さま、Wikipediaさまより)

 

縄文時代(紀元前11000年~紀元前400年)に、あの「豊かな表現」・「繊細な制作・技術」。\(^o^)/

縄文人の「美意識の高さ」・「技術の高さ」に、あらためて、実感しました。♫

地球さんを大事にして(必要な分だけの狩猟採集等)共に「共存」して暮らしてきた事で、1万年もの長い時間(持続可能な時間)を継続出来たのですね。(^^♪

 

ご先祖(縄文人)様の「意識」・「美」・「技術」を見る事が出来て、誇らしく感謝の時間でした。♫

 

「星たちの座談会☆地球号の未来」に、ご訪問頂きありがとうございました。☆☆☆

ウィンセイ。♪♪♪