星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

とある週末。その①

f:id:heliot:20180728203005j:plain

こんにちは!シャランです。

毎日の猛暑、皆様、如何お過ごしですか。

 

今回は、先日、帰省しましたのでその時の事を少し…。

 

父は既に他界しており、現在、母は一人で暮らしています。

 

今回、姉と二人で車で二泊三日の日程で帰省し、母の手伝いにと、とにかく目一杯働いてきました!

 

田舎の為、それなりの広さの庭があり、雑草や庭木との格闘です!

 

剪定と草むしり、それを傍らで燃やす。また剪定と草むしりをしながらまた燃やす…とを日中を避け、午前中と夕方から宵の口まで…

 

ですが、さすがに夏は焼き芋はしませんでしたね…

 

母は高齢者ながら、流石に慣れた手つきで、進めていき、私達は見よう見まねで作業を続けました。

 

慣れない事をやるのは流石に疲れます!

上手に出来ないから余計に疲れるのか、

夜はぐったりで、食事の後は早目の就寝zzz

 

翌朝も午前中は庭仕事、日中は室内で片付け、夕方からまた庭仕事と昨日同様…。

 

ですが、その甲斐あって庭は大変綺麗になりました😊

 

勿論、全てが出来た訳ではなく、機械で草を刈って頂くよう、どなたかにお願いもします。

 

疲れや筋肉痛は当日ではなく、翌日にでるようで、それに耐えながらの作業でしたが、なかなか帰省出来ていない事を考えると、「頑張らねば!」と思い直し、また続けると言う感じでした。

 

でも、一番疲れが飛んだのは、母の笑顔とありがとうの言葉💓

 

と、更に、それに添えられたお小遣いかもしれません💓

 

それこそ現金な娘でした😊