星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

ブラッドムーン🌜7月28日明け方 皆既月食

f:id:mifatan:20180722211305j:plain

2018年7月28日は日本で観測できます!

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。

月が地球の影に完全に入り込む月食のことを「皆既月食」といいます。

 

仙台より以西では月の入りの前に皆既食を迎え、そのまま沈みます。
月は3時24分に欠け始め、4時30分には完全に欠けて皆既食となります。

皆既食は6時14分までの1時間44分も続きますが、日本ではこの時刻よりも早く月が沈むため、皆既食の後の様子は観察することができません。

 

f:id:heliot:20180722231304j:plain

 東京での見え方⤴⤴⤴

月のすぐ左には火星も見えます☆

【7月28日・月食タイムスケジュール】
・部分食の始まり:3時24分
・皆既食の始まり:4時30分
・皆既食の終わり:6時14分
・部分食の終わり:7時19分 

月食のしくみ

 

地球と月は太陽の光を反射して輝きます。そのため地球も太陽の光によってできる影があり、太陽とは反対の方向に伸びています。この地球の影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。

つまり月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶときに起こります。

f:id:heliot:20180722232813j:plain

 

皆既月食のとき、月が本影の中に完全に入り込みます。しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅色」(ブラッドムーン)と呼ばれ赤黒い色に見えます。

地球のまわりの大氣がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて波長の長い赤い光のみ本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。

 

明け方かけ始めから欠けるまでで沈んでしまいますが、日食と違って裸眼で観測できるので、満月が欠けていってブラッドムーンになる様子を、ぜひ見てみてください。

月の色はオレンジだったり赤銅色だったり、その時の大氣の状況によって刻々と変わります。

今回は明け方で低空なのでどんな色になるのか・・・月の色に注目して観察してみてくださいね。

 

あなたと今回のお月さまとの出逢いも 🔷一期一会🔷

太陽系の必然の配置にウィンセイ🍷