星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

スター・ウィーク☆2018のキャッチコピー決定!!

f:id:heliot:20180413211715j:plain

火星がぼくらに会いにくる

 

今年は火星が地球に大接近する年です。最も近づくのは7月31日。

スター・ウィーク期間中は、まさに火星が地球に近づいてよく見える時期です。

ストレートな表現ですが、「せっかくの機会だから、火星を見てみよう!」という気持ちがわき起きるようなキャッチコピーです。

さあ、この夏、ぼくらも、火星に会いに行きましょう!

               出展:スター・ウィーク実行委員会 http://sw2016.sblo.jp/

 

この夏は火星に大注目

 

2018年の夏、火星がおよそ2年2か月ぶりに地球に接近して見ごろを迎えます。
最も接近するのは、スター・ウィーク前日の7月31日です。
今回の火星接近は2003年以来の「大接近」で、スター・ウィークキャンペーン期間中はもちろん、夏休み中は東から南にかけての夜空でとても明るく見えます。

 

 

火星 基本情報

 

太陽さんからの平均距離:2億2,794万km
・大きさ(赤道半径):3,396km
・質量(地球に対して):0.1074倍
・平均密度:3.93g/cm³
・公転周期:1.88089年
・自転周期:1.026日
・衛星の数:2

火星は太陽の4番めの惑星で地球のすぐ外側を回っています。

直径は地球の約2分の1、質量は10分の1ほど。

自転は地球とほぼ同じ24時間37分、687日かけて太陽のまわりを公転します。

火星にも四季があり、自転軸が公転面に垂直な方向に対して25度ほど傾いています。

地球から見る火星は赤く見えますが、これは表面が酸化鉄(赤さび)を多く含む岩石で覆われているからです。

火星には薄い大氣があり、砂嵐が発生することもあります。

 

 

☆☆☆昨年のスター・ウィーク関連

www.helio5.com

www.helio5.com

www.helio5.com

www.helio5.com

 

 

夏の楽しみが一つ増えました。

        この地球から見る星空にウィンセイ🍷