星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

天空を彩る お星さま

f:id:heliot:20180414174537j:plain

   今回は 天空を彩る お星さまについて 紡がせてくださいね(๑・̑◡・̑๑)

 

 古代ギリシアの天文学者さんたち
 
 肉眼で見える約6,000個の星々のうち、最も光の弱い星を6等星と、最も明るい21個を1等星として、光度を6段階に分けたそうです。

 今は、光電測光で等級を測るそうです。
6等級までの恒星は、その属する星座の中で、ギリシア文字(α、β、・・)が付けられています。



 さて、太陽さんの 子ども達(惑星)と キラキラ星さん(恒星)どう違うの?
空見上げ 子どもの頃 何回も尋ねた 質問???

 

 答えは 自分で光っているのが 恒星さん 
        太陽さんの光を受けて 輝いているのが惑星さん (๑˃̵ᴗ˂̵)

 

★お星さま(恒星) どうやって光るの?

 ① 広い宇宙の中には、ガスや塵の集まり(星間物質)があります。
   その物質がたくさん集まっている空間では、万有引力によって、収縮して塊がで
   きます。


 ② その塊が大きくなり、太陽質量の1/10程度以上になると、中心部が圧縮し、かな
   りの高温になります。

 

 ③ そのため、水素をヘリウムに転化する核融合反応が始まり、中心部の温度がある
   温度に達すると、熱膨張の力と 万有引力の力がつり合い、氣体の球の形になり
   お星さま(恒星)として 地球から観測できます。

 

  ☆そう、自ら輝いていているお星さま、
   実は水素を主成分とする、高温の巨大なガスの球で、
   核融合反応により、莫大なエネルギー(熱)を発生することで
   輝やいているのです。

   核融合反応が進むにつれて、内部は 万有引力により収縮し、さらに高温 高圧
   になっていきます。

    
   お星さま、地球のような 固体の地殻は無く、内部まで氣体なのですね(*^ω^*)

   

 ★お星さま(恒星)にも 種類があるよ( ^ω^ )

   原始星      ・・・誕生したばかりのお星さま

   主系列星     ・・・青年期、壮年期のお星さま
   矮星(わいせい) ・・・  〃

   巨星       ・・・老年期のお星さま  
   超巨星      ・・・ 〃

   超新星      ・・・死を迎えようとしているお星さま

   白色矮星     ・・・死んだお星さま の残骸
   中性子星     ・・・   〃
      ブラックホール  ・・・   〃

 

☆天空を彩るお星さま の大部分は、
  水素を燃やしてバランスの良い状態にある主系列星で
  観測できる星々の 約90%も占めます。
  もちろん、太陽さんも その仲間です(๑・̑◡・̑๑)


  主系列の星の質量は、太陽の0.085倍から60倍、
       明るさは、太陽の0.001倍から400万倍 です。 

 

☆宇宙の元素の 3/4を 水素が占めているので、
  水素核融合炉の寿命は長く、
  太陽ぐらい の質量の星では、100億年くらいの寿命とも・・・

 

 ★お星さまの色は? 
   お星さまの外壁の温度の高低によるもので、
      低温のお星さまほど 赤っぽく
      高温のお星さまほど 蒼白い  そうです。 

 

 

 

 ★お星さまも 進化している・・・

  太陽系近くの お星さまの ほとんどが 似通った大氣の元素組成を示し、
  ほとんどが軽い水素、 次がヘリウムです。
  それより 重い元素は お星さま 全体の数%に すぎないそうです。


  お星さまが爆発し、星間物質になり、
    また星々が誕生して、そんな事を 何度も 何度も繰り返しながら
    お星さま全体に占める 重い元素の割合が  増加していくとしたら
    進化してる???
  

   氣の遠くなるほどの 時間エネルギーをかけた 宇宙の営みの中で 

 
     ♪宇宙さんも お星さま達も 地球さんも 
           そして 私達 人類も 進化し続けています♪

 

 

  ♡ご訪問いただき ありがとうございました♡<(_ _)>