星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

地球暦との出会い

f:id:mifatan:20171230185713j:image

2018年版が届きました!

地球暦を知ったのは、ヴィーナストランシットをネット検索していて偶然見つけたのがきっかけです。最初見たときは・・・???!!!って感じでした(笑

まだ、無料配布で「寄付」という趣旨で活動をされていたころからです。(当時拠点が富士市だった記憶、今は静岡市)ただ、取り寄せはじめて2年目ぐらいの時に、突然メールが送られてきて、ただ一言「寄付をしてください」とだけ書かれたものが届いたときには、一体どんな団体なんだろうと(スタッフの社会性なし)もやもやが募りました。

このメールが届いた当初、私は戸惑いと大きなショックを受けました(敏感で傷つきやすいHSP)。そのメール保存しておけばよかったのでしょうが、世間と隔絶して引きこもってる私には痛すぎてすぐに削除して(なかったことに)しまいました。

そんな出来事も乗り越え(心の奥底にしまい込み)毎年お取り寄せしていましたが、値段がついて公開されるようになって、ようやくそのストレスから解放されました。

商品の配送に関しても何かと不便でしたが、2018年版からは配送番号がわかるようになって、ネットショップに近いサービスを得られるようになりました。あと望むなら、日時指定できると助かりますね。(些細なことですが宅急便は一度で受け取ることが地球さんの環境改善のためになると思っています)

 

偶然ネットの中で見つけた(必然の出会いの)

地球暦はとてもすばらしい暦です。

 

my惑星通信に登録して金星バースデイでもらったメールは今でも大切に保管しています。【惑星通信】も楽しみにしてました。(今はどちらもなくなってしまいましたが涙)

 

地球暦を立ち上げられて何年目かのころ? 水星チーム、金星チーム、火星チームなど自分が氣になる惑星のチームへ参加者募集があったのを覚えています。行きたい~!!っと思いながら人と交われないころだったので、涙をのんでスルーしました。

その後もリリースイベントなどの案内をいただいて、行こうと思ってもうまく日程が合わなかったり、体調が思わしくなくて予約はしたけど行けなかったりと、うまくかみあわなかったのです。

長い時間かかってやっと参加できたのが、昨年2月の2017年版のリリースイベントでした。(はじまるまでのザワザワしてた時が一番きつかった)発案者の杉山さんのお話がはじまったら頭が痛いのも忘れて、面白くて集中して聞くことができ時間があっという間に過ぎていきました。(杉山さんも宇宙人かもとひそかに思っております)

そして私のやってみたいことリストの中のひとつに、『地球暦のワークショップ』が加わりました。地球さんと波長を合わせて地球号の流れに乗る!ということを、もっと多くの人に知ってもらえたらと。この地球で生きることが今までとは違って見えてくるかもしれません。

それに、インテリアとして置いても⇒カッコいい👍

 

もうひとつやってみたいことは

わたしたちの地球環境回復活動グループでは

この太陽系の太陽、水、金、火、木、土、天、海、冥

それぞれ担当者がいます。(星たちの座談会ブログには天王星海王星、土星、金星担当が執筆しています)

しかし、全員が顔を合わせることは1回あったかどうかぐらい・・・なので

全員参加できた時に、地球暦のようにある日の太陽系の位置で並んで写真を撮ってみたい!

 

何か記念になる日の位置がいいと思っています。

きっとそんな日が訪れるんじゃないかと。

 

 

地球号に乗って太陽系の中の惑星さんたちとブンブン太陽さんの周りをまわりながら

    同じ時代を生きる人類と全生命体に ウィンセイ🍷  ミファでした🐱