星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動! 本来なら来るはずのなかった地球に生まれた私たち☆アウェイ感をヒシヒシ感じつつ悪あがきならぬ良いあがきでジタバタ奮闘の☆座談会メンバー7人共同ブログ☆

シー

進化の学校

[人間の 終(つひ)のねがひを 夫婦におかず 親子におかず 天地(あめつち)におく] 明治時代の歌人 館山一子さんの短歌です 年月は、はっきり覚えていないのですが、35~40年ほど前、朝日新聞の 大岡信さん[折々のうた]に掲載されていたもの。 短歌に興味を持た…

桑の木

シャルさんの、桑の木の記事を見て、懐かしく思いました。 40年ほど前、転勤となり、辞令を受けるため蚕業センター(兼繭検定所)に行った時のことです。 夏の頃だったと思いますが、敷地内に入ったところなんとも異様な臭いに包まれ、 [ここが、新しい職場に…

地球さん

月末、台風接近予報の中、進化の学校へ行ってきました。 猛暑で、どうなることやらと思いつつ、 お山は、下界とは別世界!! シリブカカシの森の木陰は、いるだけで息がしやすく、とっても気持ち良い。 蝉の合唱の中、ちょっとの風があったら言うことなし 自…

映画[モリのいる場所]

3月に、国立美術館で熊谷守一展を見た時に、 [モリのいる場所]の映画のことを知ったのです。 たくさんの作品(色彩が暗いのです)が年代順に展示され、ギャラリーも多く、なんだか疲れを感じたころ 晩年の作品のところで、 なんかほっとして、自分の顔が緩む…

クラス会

15年ぶりの中学のクラス会に参加してきました。 前回は、還暦の年に集い、 今回は、みんな立派な 後期高齢者(75歳)のクラス会でした。 中学卒業してから、丁度60年目、年月経過しても、15歳の面影残したまま みんなみんな、 歳相応に!?味がでてました 女性…

笑いの健康法

笑い=顔がニコッとして+アハハと笑うこと 声を出して笑ったのは、いつのことだろう? 最近の私は、だいぶ笑いが欠けいます。 小学校に入る前の子供達、一日400回も笑っているそうです!? 笑いは、 ・循環器疾患を少なくし・認知症になりにくく ・慢性の痛…

童謡・唱歌

日曜日、ラジオからなつかしい、童謡が流れてきました。 可愛いいかくれんぼ ひよこがね~ 大黒さま 大きな袋を肩にかけ~ 赤い靴 赤い靴はいて女の子~ 七つの子 カラスなぜなくの~ 春よ来い 春よ来い早く来い~ しゃぽん玉 しゃぽん玉とんだ 屋根までとん…

映画  フジコ・ヘミングの時間

[うまくいかなくてもいい。 夢みて、泣いて、ドキドキして、 それが、 全部、良い音になる。 人生も、ピアノも] 映像が美しい 街が美しい 80歳過ぎても、純粋な少女の心のまま、 傍らに猫がいて、ピアノがあって 自由に生きるフジコさんの日常が、それだけで…

トムにゃんさん 💗💗 ありがとう💗💗

[よく生きられた一生は安らかな死をもたらす] レオナルド・ダ・ ウ゛ィンチ 初めてトムにゃんさんに、お会いしたのは18年前、私が命を磨く生涯学習に出会ってすぐ、石垣島での地球回復活動に参加した時でした。 三ツ編みの、おさげ髪が、昔の女学生のようで…

梅雨

春でもなく、夏でもない梅雨という季節は、 毎年ながら、 しっかり過ごさないと、夏バテの要素がいっぱいです。 昔、食養医学の大森英櫻さんの、お話を聴いて、 奥様の大森一慧さん (陰陽の法則に基づく、食生活研究家)著書 [からだの自然治癒力をひきだす食…

aging (老化・加齢・熟成)

老化、 国語辞典に [老年になり、人体の各部のはたらきが、おとろえること]とありました。 老年とは、年齢の多くなった!とのこと。 老眼は、早い時期からで、日常生活で不便を感じます 耳も遠くなって、不要なもの聴かなくて良いように 歯の衰えは、腹七分…

紫陽花

6月・梅雨・紫陽花 と列なり、季節を感じさせてくれる素敵な花。 しみじみと、日本の四季は、花で彩われていると思います。 地球さんと、風土に感謝です 10代の頃から、アジサイの花の咲く頃になると、鎌倉の明月院へ行かなくてはと、良く通いました。 何…

画家 堀 文子さん

群れない 慣れない 頼らない これが私のモットーです 日本画家 堀 文子さん (1918年生まれ 99歳)のことば 今年、県立近代美術館葉山で、白寿記念展がありました。 どの時代の絵も、感性が瑞々しく、静謐で気品があり、やさしく美しい。 著書[ホルトの木の下…

下駄の季節

気温が上がってきて、素足が氣持ち良い季節。 早速、下駄を出しました。巾広の駒下駄でカラコロと 我が家は、高台で階段と坂道。 この坂道の登りが、結構大変で、足裏全体の力を使いながらも、ちょっとしんどい。 子供の頃は、もっと上手に下駄を履きこなし…

無枕安眠法

枕をしないで寝てみました。 枕は、今までは、子供用の低いものを使ってました。 無枕!? 心配したほどでもなく、とっても体が落!! 朝、起きたときの、肩、背中のコリがなく、良いかもしれない。 始めてから十日目になりました。 これは、哲学者 森 信三…

私のゴールデンウイーク

初日、日本放送のラジオパークIN日比谷公園へ 有楽町駅降りたら凄い人人! 宝塚劇場、日生劇場、帝国ホテルを過ぎたら、たくさんの行列。 最後尾の看板持った人がいて、何事?と思ったら最近出来た日比谷ミッドタウンの入場待ちの列。 並ばなくては、中に入…

小田原さんぽ

家を8時に出て 小田原駅10時 友達と二人で小田原散歩 小田原は、母が生まれ育った場所。 小さい頃より伯父、伯母のところへは、よく行っていて、夏休みなどは妹と二週間くらい過ごしていた記憶があります。 私にとっては、第二のふるさとの様な、大好きな…

ラジオが好き

いつも聴いてる日本放送、今朝のラジオの健康コーナーにユーミンが出演していました。 ユーミンの健康法は、常に腰骨を立てて、背筋を伸ばしてその姿勢を保つこと。 ・ 規則正しい生活 ・ 朝風呂に入る ・ やるべきことはしっ かりやる ・ この体は、○○から …

ぼーっとして・・頭を空っぽに

家から100歩の図書館へ行くのが日課の私。 夕方、隣に公園があっても、行くことがなかったのに、新緑に誘われて、初めて行ってみました。 どうだん躑躅が咲いて、藤が咲き始めた藤棚の下のベンチに腰かけて、 ぼーっと、ただボーッとしてきました。 (初体験)…

春 一番好きな季節

目に青葉 山ホトトギス 初がつお 生まれたての、柔らかな新芽が、やさしくフヮーと木を包むように芽吹くこの時、はっきり 春が来た と感じられます。 春の陽射しに輝やいて、いのちのが躍動するさまは、なんと美しい季節なんでしょう。 旬の物は体にも良さそ…

風邪?花粉症?

桜が咲いて、大好きな都わすれ、フリージア咲いたこんなに気持ち良い季節に、鼻がズクズクで風邪を引いたらしいのです。 体の外にだ出すものは、すべてOK。 体の防衛反応と思い、ティッシュ抱えてますぅ~ 東洋医学では、病気という病気は、 すべて [過労…

春キャベツ

一年中、出回っているキャベツも今が旬ですね 春のキャベツは、柔らかくって、甘みがあって、大好きです。 店頭に並ぶと、真っ先に作るのが、 酢キャベツ キャベツ一個を、5ミリ ぐらいのざく切りにして柚子胡椒・寿司酢・オリーブオイルでよく和える。 梅酒…

時の人 棋士 藤井聡太六段(15才)

デビュー1年で 対局数 勝数 勝率 連勝の四部門トップ独占最年少記録で、いきなり四冠達成!! 素晴らしいこと、おめでとうございます 将棋は良く解らないのですが(駒の進み方は解るのですが、考えると頭痛がします)藤井聡太さんに魅力を感じて年齢ではなく、…

[木を植える人] ジャン・ジオノ著 原みち子訳

今朝のラジオで、ゴルバチョフさんの [私は、収穫の時に立ち会えないかもしれないが、出来るだけ種を蒔いておこう]の言葉と、 [木を植える人]の本が紹介されました。 即、図書館で借りてきました。 フランス ジャン・ジオノ著(1985~1954) 原みち子訳 短編で…

健康教室通ってます

市の健康増進のための教室へ通って10年目。 最初はピラティス、今は、骨盤ビューティヨガに通っています。 ピラティスは、主催者側の都合で中断になったのですが、最後の日に先生が話されたこと、今でも大事なことと思っています。 [身体をゆるめて下さい 私…

大好きな[梅の花]で食事してきました

引っ越してから10年、[梅の花]に行く機会がなく本当に久しぶりに、お豆腐料理、味わってきました。 今回のお店は、ダイニングカフェ風の40ほどの椅子席で、コースとゆうよりは、ランチ風で手軽なメニューでした。 (豆乳湯豆腐・湯葉煮・揚生麸の胡麻味噌たれ…

賀寿

61歳 還暦(かんれき) 70歳 古希(こき) 77歳 喜寿(きじゅ) 80歳 傘寿(さんじゅ) 88歳 米寿(べいじゅ) 90歳 卒寿(そつじゅ) 99歳 白寿(はくじゅ) 100歳 上寿(じょうじゅ) 今月は、我々のボスが古稀を迎えました。 おめでとうございます 杜甫の詩 [人生七十古来…

土に還る

進化の学校の学びで、山に行ってきました。 いたるところ、落ち葉が敷き詰められたフカフカの道を、足の裏の心地良い感触を味わいなから歩いてきました。 落ち葉はやがて、腐葉土となり木の成長を助ける。自然界の循環の素晴らしさを、毎年みてきました。 森…

『水の星』 茨木のり子

宇宙の漆黒の闇のなかをひっそりまわる水の星 まわりには仲間もなく親戚もなく まるで孤独な星なんだ 生まれてこのかた なにに一番驚いたかと言えば 水一滴もこぼさずに廻る地球を 外からパチリと写した一枚の写真 こうゆうところに棲んでいましたか これを…

大自然の法則に従って生きる

江戸時代の観相学者・水野南北は、長寿の相であっても大自然の法則(生命の法則)に反した生活をしていれば短命 反対に短命の相であっても大自然の法則に従った生き方をしていれば長命 と言っています。 大自然の中の地球、地球上に住んでいる人間。 自然と離…