星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

「大氣光学現象」の「環水平アーク」、「日暈(ひがさ)」観測されました。♫

5月7日11時頃、青森市の上空で「日暈(ひがさ)」と「環水平アーク」が観測されました。♫

初めて見ました。♪

「日暈(ひがさ)」は、薄雲に太陽の光があたり太陽の周りに現れる現象です。

  

http://www.news24.jp/articles/2018/05/08/07392467.html

(日テレ24)

 

下記は、「大氣光学現象」の内の3つです。

☆「環水平アーク」は、「水平孤」や「水平環」とも呼ばれます。

  大氣中の氷に太陽の光があたり、3~9月頃、太陽の高さが58度以上

  (68度位が最も濃い虹色)の時に、太陽さんと同じ方向に出現します。

 

f:id:hikaricanopus3:20180510002452p:plain

  (「日暈」と「環水平アーク」です)

 

 

☆「虹」は、雨あがり空氣中の水滴に太陽の光があたり出来る現象です。

  太陽さんと逆側に出現します。

 

☆「環天頂アーク」は、「天頂環」や「天頂弧」、「逆虹」とも呼ばれています。

  大気氣中の氷に太陽の光があたり、太陽高度が低い「冬」に

  太陽の高さ約46度のに「虹」と逆の形に円の弧を描きます。

  太陽さんと同じ方向に出現します。

 

f:id:hikaricanopus3:20180510002846p:plain

   (「環天頂アーク)です)

 

 

「太陽さんの光」と「水さん」(氷や水滴)の共演に、「神秘的な現象」で「キレイ」で目にする事が出来て、「地球さん」に「地球さんの活動」に感謝でした。\(^o^)/

 

 

「星たちの座談会☆地球号の未来」に、ご訪問頂きありがとうございました。☆☆☆

ウィンセイ。♪♪♪