星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

世界一大きいソーラーシステムは

太陽系を英語でいうと 

(the) solar system ソーラーシステム なんですね。

な、なるほどΣ(・□・;)

どうしても日本語英語化している“ソーラーシステム=太陽光発電”を思い浮かべてしまいます💦

(Solar power system ⇒ 太陽光発電 だそうです)

 

ところで地球上で、太陽系の一番大きなモデルはどこにあると思いますか?

北欧スウェーデンにあるんです!

内惑星はストックホルム市内ですが、外惑星はバルト海に沿って北上していきます。

海王星まで229キロメートルなので、新幹線で東京から掛川ぐらいの距離感です。

スウェーデン・ソーラー・システム (Sweden Solar System)

 

世界一大きい太陽系のモデルである。世界最大の半球状の建物であるストックホルム・グローブ・アリーナ(エリクソン・グローブ)を太陽に見立てて、スウェーデン各地に太陽系の天体に対応するオブジェが設置されている。小惑星帯より内部の惑星はストックホルム市内にあるが、外部の惑星のオブジェはバルト海に沿って、北の方向に設置されている。縮尺はおよそ2千万分の1で、太陽の大きさはコロナの部分を含んでいる。

 

それぞれの天体の設置場所は以下のようになっている。

  • 太陽:直径110mのストックホルム・グローブ・アリーナである。

f:id:heliot:20180224205541j:plain

  • 内部惑星
    • 水星:グローブ・アリーナから2,900m離れたストックホルム市博物館に直径25cmの水星が置かれている。
    • 金星:5,500m離れたスウェーデン王立工科大学に、直径62cmの金星が置かれた。2004年6月8日には天文台博物館にも金星のモデルが置かれた。
    • 地球:スウェーデン歴史博物館のシアターのコスモノヴァ (Cosmonova) に直径65cmの地球のモデルが置かれている。グローブ・アリーナから7,600m離れている。18cmの月のモデルも置かれている。
    • 火星:11.6km離れたショッピングセンターのMörby Centrumに35cmのモデルが置かれた。
  • 外部惑星
    • 木星:40km離れた、ストックホルム・アーランダ空港に直径7.3mの花の装飾が造られた。
    • 土星:現在はまだ建設されていないが、73km離れたウプサラのオングストローム研究所にプラネタリウムを建設する計画がある。直径6.1mでリングのある屋根を持つ計画である。
    • 天王星:143km離れたイェヴレのFuruvik公園に、直径2.6mのオブジェがある。
    • 海王星:229km離れたセーデルハムンに、アクリルで造られ夜は青く輝く2.5mのオブジェがある。

(配置図を載せたかったのですが、私の技量ではそれができず><  配置は下記のウィキペディアでご確認ください🙇)

スウェーデン・ソーラー・システム 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

太陽系の配置、距離、惑星の大きさなど、 いつも思うのですが絶妙なんです。

誰かが欠けても成り立たなくて。   

太陽系のみんなに ウィンセイ🍷  金星さん担当のミファでした🐈