星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

土に還る

f:id:heliot:20180206192148j:plain

進化の学校の学びで、山に行ってきました。

いたるところ、落ち葉が敷き詰められたフカフカの道を、足の裏の心地良い感触を味わいなから歩いてきました。

 

落ち葉はやがて、腐葉土となり木の成長を助ける。自然界の循環の素晴らしさを、毎年みてきました。

 

森の中の動物は、死んだあと、小さな動物、大きな動物に関係なく又、暑さ寒さに関係なく

妊娠期間と同じ期間で綺麗に、跡形も無く土に還っていくとのことです。

森の中で写真家が、定点観察したら、ひとつの死骸にたいして、それぞれの部位を食べる動物が、入れ代わりやって来て、内臓・肉・皮膚・骨を

きれいに食べていくとのことです。

最後は、土の微生物も活躍することでしょう。

 

 

97才で逝った父は、

[人間は、死んだら土に還るのが良いのだ]とよく言ってました。

今は、そうもいかず陶器の骨壺、コンクリートの墓の中に眠っています。時々、直接土の中に入れてあげたいと思ってしまいます。

 

私は、お墓に入らないことを考えています。

今のところ、樹木葬が良いと思っているのです。跡形もなく土に溶け込んで~

 

 

老子

第一章

[道]とともに生きる005

 

形なき形・声なき声

 

あまりにも小さなものは、見ようとしても見えない。

あまりにもかすかな音は、聞こうとしても聞こえない。

さわっても感触のないものは、さわろうにもさわれないんだ。

でも、大切なものはそんなところに隠れているんだよ。

 

 

ありがとうございます