星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

オリオン座家の事情

 

f:id:heliot:20171219015825p:plain

今回は、狩人オリオンの星座について紡がせてください。

知名度抜群 たくさんの人に愛され、冬の夜 南の空で 簡単に出会うことのできる星座

砂時計のような形で☆が並び、1等星の左上には赤い星(ペテルギウスさん)右下には白い星(リゲルさん)が、真ん中には3つの2等星☆が綺麗に横並びしております。


 オリオンはギリシア神話に出てきます。こんなお話だったと・・・

    ◎巨人オリオンは、海の神ポセイドンの子、力が強く、ギリシャ一番の狩人
    「この世に自分が倒せない獲物はいない」と自慢していました。
    その驕りを見かねた女神ヘーラはオリオンを懲らしめるため、オリオンの足
    元に大きなサソリを放ちました。
    さすがのオリオンもサソリの毒針にはかなわず、刺し殺されてしまいました
    その後、オリオンとサソリは ともに天にあげられ星座になりました。


*オリオン座は冬の間、空高いとこで威張っておりますが、さそり座が東の空から上がってくると、こそこそと西の空へ退散いたします。

*面白いことに、中国でも
 オリオン座(参)とさそり座(商)が 天球上でほぼ反対側に位置しており、同時には上がらないことから、不仲や疎遠な人間関係を指して「参商の如し」と言うそうです

 

 オリオン座の和名は 鼓星(つづみぼし) 
 私は こちらの呼び名の方が、しっくりきます。

 その真ん中 横一列に並ぶ3つの☆2等星 これもよく目立ちます。
 日本国では「三つ星(みつぼし)」と呼ばれております。 
 同じような明るさで輝いて見えますが、実際にはお互いに距離は離れているそうです

 このオリオンのベルトにあたる3つ星
 ・古代中国では、中央の星を大将軍、左右の星を右将軍、左将軍とし、戦の神として 
  信仰され、日本国へも仏教とともに妙見信仰として伝来、武士たちの間で信仰の対
  象とされました。
 ・それにより、日本国に「三つ星紋」が生まれたそうです。
 ・毛利氏などが使用「一文字に三つ星」の三つ星は、オリオン座の三つ星を表してい
  ます。また、住吉三神とされることがあります。
 ・日本国での、「三つ星」の方言は、各地域ごとに たくさんあり、昔から日本の人々
  にとって身近な星だったことが、伺えます。
  (アワイネボシ、ミツボッサン、ミツガミサマ、ナラビボシ、ミツレンサマ、サンコウボシ、サンジョウサマ・・・)
 ・沖縄では、「黄金三星」(こがねみつぼし、クガニミチブシ)と呼び神が住む星と
  されているようです。

 

 オリオン座には、明るい星や 有名な星雲、星団が多く
                  話題に事欠かない一家です。

 これから始まる ながーい冬、オリオン座さん家の事情も知りながら
 おつき合いさせていただくと より楽しく  もっと身近に感じられるかな(๑・̑◡・̑๑)
 

 

  ♡小さな織姫庵 ご訪問いただき ありがとうございました<(_ _)>

 www.honda.co.jp