星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

銀杏物語 

f:id:orihime-vega:20171124220042j:plain

 街中に 昔々の その昔 から人々に愛されてきた 一本の見事な銀杏の木があります。 

 銀杏の木、秋から冬に移ろう季節 必ず人々の 口に上ります(๑・̑◡・̑๑)

「今年の雪は早いよ、イチョウの葉っぱが落ちてしまったから・・・」
「イチョウの葉っぱ 半分落ちたから、もうすぐ雪が降るね・・・」
 
 この時期、イチョウの木と言っただけで人々は どの銀杏さんを指すのか すぐに解かります。 

 街中には 他にも 立派なイチョウの木々が 沢山あるのに・・・
 
 父のその父の  またその父の
 母のその母の  またその母の 

   ずーっと語られ・・・
    私も子どもの頃から聞かされ育ち
     勿論、子ども達にも この街の季語として・・・語り継いできました。

 「国分寺の銀杏の木 葉っぱが落ちてしまうと 雪が降るよ」って

  だから、その銀杏さんは 特別なイチョウさん(๑˃̵ᴗ˂̵)

   ♡昔々のその昔から 人々と 一緒に時を紡いでいるから♡

 【銀杏さんの紹介】 樹齢   1200年以上
           樹高   約28メートル 
           目通り  約10メートル

              雄株で、写真は3週間ほど前に撮影
           現在は、葉がほとんど散り、透けて見えます。

              寒い冬の始まりです

 

 昔から 山々や雲の形 虫の大群 風の匂い 雪 空 霜 木の実 花・・・ 等々
 四季折々の 自然界からの便りを 生活に織り交ぜて 長い間 地球さんと共生してきた 私たちの祖先
 
 今は 天気予報 外に出なくっても スマートフォンさえあれば 事足りる

 それでも 地球さんからのメッセージ 未来へ伝えていけたらいいな( ^ω^ ) 
   


 ところで、全国何処にでもあるイチョウの木、サクラ同様、秋の風物詩として多くの日本人に愛されております。

 「生きた化石」と言われているイチョウさん、次回はそのゆえんについて 紡いでみたいと思います。

 

  ご訪問いただきありがとうございました<(_ _)>