星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

白露 季節を愛でる

f:id:heliot:20170903051905j:plain

2017年9月7日は 『白露』(はくろ)

 

 二十四節氣の第十五節氣 秋の三番目の『白露』です。 太陽黄経が165°に達した日。9月7日から秋分の前日9月23日までの16日間にあたります。

 

「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられました。これは、秋の訪れが本格的になり、朝露が草や木におりるという意味です。

大氣が冷えると、水蒸気が凝結して、草木に水滴が見られるようになります。

空が高くなり秋らしいすじ雲が重なりあって、入道雲が名残惜しそうにあるとき
朝晩は涼しいと感じるのが白露のころですね。
確実に一歩一歩秋が深まっていきます。

 

秋の七草

               《花言葉》
・女郎花(おみなえし)    美人、心づくし
・すすき、          努力、活力、勢力、悔いなき青春

・桔梗(ききょう)      変わらぬ愛、気品、優しい温かさ
・撫子(なでしこ)      いつも愛して、思慕、純愛
・藤袴(ふじばかま)     躊躇、遅延、あの日を思い出す
・葛(くず)         治療、芯の強さ、恋のため息
・萩(はぎ)         想い、前向きな恋

 

開花時期
・女郎花 7月~10月
・すすき 9月~10月
・桔梗 6月~10月
・なでしこ 4月~8月
・藤袴 8月~9月
・葛 8月~9月
・萩 6月~10月

 

春の七草と違い、秋の七草は食べるのではなく、愛でて楽しむ花が多いですね。