星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

「世界一の星空」を世界遺産へ ☆ 揺れる思い

世界一美しい星空のあるニュージーランド ☆ テカポ

 

テカポに星空を見に行きたいと思った⇒⇒⇒ことを思い出したミファです💦

それからテカポのことを調べ始めての第三弾 最終回になります。

 

最初のおはなしは テカポの素晴らしさを讃えた

www.helio5.com

二回目は テカポを世界的に有名にしたのが日本人だったというおはなし

www.helio5.com

 

最終回は  『世界一美しい星空』を守って後世に伝えるための取り組みのおはなしです。

 

 テカポは天文台の出来た1960年代から、天文台と共存する村です。

街頭はオレンジのナトリウム灯で傘をかぶせていますし、民家はカーテンをひいて、宅内の明かりが外に漏れないように氣を配って、暮らしてきました。

2012年6月には、ダークスカイ・リザーブ(星空保護区)に認定され、ユネスコの世界自然遺産への働きかけにも追い風となっています。

 

 ダークスカイ・リザーブ

 

 国際ダークスカイ協会認定の星空保護区のことをいい、光を制限して、星空を見やすくする指定地域の事です。

2012年6月10日、ニュージーランド・テカポにて行われた国際ダークスカイ会議の授賞式にて、「アオラキ/マウントクック国立公園及びテカポ、マッケンジー盆地周辺」が見事金賞を受賞しました。
金賞は、光害がほぼゼロの夜空であるという事。つまり、地球上でもっとも星空観察に適した夜空なのです。

現在金賞を受賞しているのはテカポを含めて3ヶ所だけです。

・ナミビア・ナミブ砂漠にある『ナミブランド自然保護区』

・アイルランド・ケリー州の『アイベラ半島』

 

しかし、人間の生活の場とした村を含む地域が星空保護区の認定を受けたのはテカポだけではないでしょうか。人間も努力して共存の道を歩んでいるのはすばらしいことですね。

 

f:id:heliot:20170828042005j:plain

世界遺産化と村の発展と光害 

 

「星空の世界遺産登録を目指す」という、前例のない試みを始めた小澤英之さんですが

「僕はテカポが世界遺産に指定されることでビジネス上の恩恵を受ける立場にあります。でも世界遺産をきっかけに、この地域が大きく開発され、夜空は明るくなり、しぜんがが破壊されるのではないかということを非常に心配しています。世界遺産化の活動は、状況によっては引き返した方がいいように思う。」とまでおっしゃっています。

 

開発を止めようとして考えたことが、逆に次の開発の引き金を引くかもしれない。ジレンマですが、世界遺産を押すも引くもすべては「今の星空の維持すること」にとって、一番いい状況になることが望ましいです。

 

テカポの今 

「地球環境が問題となっているなか、異常気象はテカポでも日常的になりました。 雨の少ない夏に大雨が降り、冬の最低気温も5度あがりました。
この異常気象は星の見え方にも影響を及ぼし始めています。 テカポの素晴らしい星空の特徴の一つに、目の高さに沢山の星が見えるということがあります。

しかし近年見えにくい日が多くなってきているように思えます。 これは南半球の大気中にも塵の量が増え、空気中の水蒸気がその周りにくっ付き、薄い雲の幕を作るためと考えられます。
星が綺麗に見えるためには、塵も水蒸気も少ない透明な大気と、広大な暗闇の大地が必要です。 テカポの町が大きくなり、町明かりが空を照らして夜空を明るくしてしまうと星は見えなくなってしまいます。 テカポでは当たり前に見えている天の川も見えなくなってしまうでしょう。
一度見えなくなってしまった星空を元に戻すのは大変です。今あるものを長く後世に残す努力が求められています。」

 


 「星空は宇宙への窓」~Window to the Universe

 

 小澤さんの活動の概念を表す言葉です。

全てがテカポから始まった世界初の星空世界遺産登録への取組みですが、スペインのカナリー諸島にある天文台など、当初から一緒にやろうと言ってくれた場所がいくつかありました。その運動は少しづつ広がり、今では世界中の様々な地域が星空世界遺産登録を目指すまでになりました。

 

星空を世界遺産にと、最初に思い立って各方面に働きかけ、地道に前進し続けてきた小澤さんの最近のインタビューの記事などを拝見すると、世界遺産にこだわるよりも、“今の星空を守る”という一点に集中してきているようです。 

「テカポが世界遺産になってほしいんですけど、テカポがならなくても、いいんです。この活動が世界中に繋がっていってくれたら。もうそれで大成功ですよね、そう思います。」

 

 

 どんな方向に舵を切るのであれ、ありのままの自然と荘厳で美しい星空を持つテカポ村が、今ある地球の環境を目に見える形で守るパイオニアであり続けることを心から願っています。

『星たちの座談会』は全力でテカポの星空と小澤英之さんを応援します!

 星空に ウィンセイ🍷

 

 

 参考出展/ 素敵なニュージーランド http://blog.jtb.co.nz/archives/66061403.html

     IDA(国際ダークスカイ協会) http://www.darksky.org/

【連載コラム】空旅のススメテカポ 「星空は宇宙への窓 」~Window to the Universe http://www.risvel.com/column/542

【テカポ星空紀行】マウントジョン編https://ganref.jp/m/milkywayf/reviews_and_diaries/diary/10422