星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

★2017年8月28日は 伝統的七夕の日

出展:国立天文台https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/08-topics01.html

 

幼い頃 8月7日が七夕の日だと信じておりました。大きくなり、7月7日も七夕なのだと知りました。むしろ、こっちのほうが全国区! 

 今でも、故郷の七夕は 8月7日 星の降る夜に、川に筏を浮かべ、思い思いの短冊を笹につけます。灯篭流しも一緒に始まり、山奥の小さな街が七夕一色に♪♪♪

 日本国の中には、旧暦にちなみ 8月7日に七夕をおこなう街もあるそうですね♡

 

 そう  日本には、七夕が二つあること ご存じですか(*^ω^*)

 国立天文台では、2001年から旧暦の七月七日を「伝統的七夕の日」として、広めております。

 

☆伝統的七夕の日って・・・ 

 太陰太陽暦に基づいた 七夕のことです。 

(太陰太陽暦とは、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません)・・・ちなみに、今の暦が太陽を中心に考えるのに対し、月を中心に考えるのが旧暦です)

 伝統的七夕とは、太陰太陽暦による7月7日に近い日として、次のように定義いたします。

【二十四節氣の処暑(太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日が それよりも前で、処暑に最も近い新月から数えて7日目が「伝統的七夕」の日となります】

 

☆今年の伝統的七夕はいつ

 八月二十八日 今日です。前回が、曇りでしたので、是非リベンジをいたしたいもの

  ちなみに 2030年までの「伝統的七夕の日」は下記のとおりです。

  ★2015年  8月20日      ★2023年   8月9日
    ★2016年  8月 9日     ★2024年   8月10日
  ★2017年  8月28日     ★2025年   8月29日
  ★2018年  8月17日     ★2026年   8月19日
  ★2019年  8月 7日     ★2027年   8月 8日
  ★2020年  8月25日     ★2028年   8月26日
  ★2021年  8月14日     ★2029年   8月16日     
  ★2022年  8月 4日       ★2030年   8月 5日

    

 

 ☆もう一つの、夏のイベント「伝統的七夕」
  
「スター・ウィーク」に並んで
もう一つの夏の恒例イベントとなっているのが「伝統的七夕」の日です。この日は、ライトダウンが行われ、各地で行事が催されます。   

 伝統的七夕の今日は、月齢およそ6の月は 夜半前には沈み、その後は天の川がくっきり見える観察条件となります。

 

 国立天文台では、伝統的七夕の日にちなみ、明かりを消して星空に目を向けようと 呼びかけています。また、沖縄県の八重山諸島、石垣島では、2002年から「南の島の星祭り」が開催されていて、石垣島にある国立天文台の施設公開などを行っているそうです。

 ライトダウンはCO2の削減にも一役貢献しているため、環境庁も応援しています。
素適な企画、もっと多くの地域や人に広がりますように
 
 そして一番の関心事

   ☆☆☆織姫星、彦星、そして天の川☆☆☆

         ♡今夜、絶対 晴れますように♡