星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

☆南極の氷山。☆

f:id:heliot:20170814150606j:plain

 

氷山の氷♪

 

数千年数万年の過去の空気が含まれており、氷の氣泡から過去の氣候分かります。♪♪♪

 

2017年3月調査で、南極の海氷の面積観測史上最少に。

南極の海の海水温が高いと、それにより氷河の下の方がとかされて行き

海の海面水位が高くなるのではないかと考えられています。

水深700mで、-1.9℃で凍るが、そこの水温が0℃以上になっています。

 

2017.1、南極大陸の西側の棚氷で亀裂が確認、割れる可能性が出ています。

2000年以降氷河を溶かす加速しているようです。

 

アデレードペンギンは、卵を二個産み、通常は一羽しか育たないが、二羽とも育っています。

2012年、氷があり餌を取りに行くのに苦労してましたが、2017年は目の前に海が広がり、餌が簡単に取れ、二羽とも育つ事が出来ています。

しかし、氷がとけている為、シャチ(天敵)近くなっている現実もあります。

 

 

南極の池で、夏の水温 4度。

水深7m位に、大きものは高さ80cmになる「コケボウズ」(コケ・数十種の藻類・バクテリアで出来ている。緑色)が生息しています。「冬は氷の下で太陽の光り届かない」のですが、数百年かけてこの大きさになっています。

過酷な環境の中、どのような「進化」を遂げて「コケボウズ」になったのでしょうか?

生き物て凄い「進化」ですね。♪

 

いろんな環境中、生命体は活動しているのだなぁと思います。♪♪♪

 

「星たちの座談会☆地球号の未来」にご訪問ありがとうございました。☆☆☆

ウィンセイ。♪♪♪