星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

天王星の衛星

天王星の衛星は今までに27個、環は13本見つけられています。

天王星は1787年、ウィリアム-ハーシェルによって発見され、そのときに2個の衛星も発見したそうです。
この2個の衛星はシェイクスピアの戯曲「夏の夜の夢」に出てくる妖精の名から、ティタニアとオベロンと名付けられました。

その後1851年、ウィリアム-ラッセルが2個、1948年ジェラルド-カイパーが1個、そして1985年~1986年にかけてボイジャー2号が天王星に到達して10個の衛星を見つけました。

天王星の衛星にはシェイクスピアかアレキサンダー-ポープ(イギリスの詩人)の作品中の登場人物の名がつけられています。