星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

小暑 季節を愛でる

2017年7月7日は小暑(しょうしょ)

 

二十四節氣の第十一節氣  夏の五番目『小暑』です。 太陽の黄経が 105°に達した日 (太陽暦の7月7日) に始り,大暑 (7月 23日) の前日までの約 16日間にあたります。

「大暑来れる前なれば也」本格的な暑さが加わる前頃という意味からも、いよいよ夏の訪れですね。

梅雨明けが近づくと、集中豪雨に見舞われることが多くなります。雨の対策も怠りなく。

また、梅雨が終わる頃に吹いてくる南風を白南風(しらはえ・しろばえ)と言います。梅雨の雨を含んだ暗い雲が去り、空が明るくなる頃に吹いてくるために白南風と呼ばれるそうです。

 

季節の便り 暑中見舞いと残暑見舞い

 

暑中見舞いを送る時期は3説あります。

① 夏の土用(7月19日)~立秋の前日(8月6日)

② 小暑(7月7日)~立秋の前日(8月6日)

③ 梅雨明け~立秋の前日(8月6日)

※画像はお借りしました

 

残暑見舞いは立秋(8月7日)~8月31日 とキッチリ決まっています。

 

暑中見舞いを送る時期ですが明確なスタートがわからない以上

◎相手の地域が梅雨明けしていて暑さのピークになりつつある頃

◎立秋までには到着すること 

に注意すればマナー違反にはならないでしょう。

参考:https://tashlouise.info/%E9%80%9A%E5%B9%B4%E8%A1%8C%E4%BA%8B/%E6%9A%91%E4%B8%AD%E8%A6%8B%E8%88%9E%E3%81%84/1053.html