星たちの座談会 ☆ ★ ☆ ☆ ★ ☆ 地球号の未来 

30000人プロジェクト始動!!地球の未来のために いま 立ち上がろう!!

同居人のスズランさん

玄関前の畳3畳分の広さに、スズランが所狭しと住んでおります。
忙しさにかまけ 手入れが行き届かず、他の草花との同居を余儀なくされている点については、大家に異議申立てたいところでしょうが・・そこは、家賃がタダということで お許し願いたいもの

同居人の顔ぶれはというと、これまた賑やかで 4月頃タンポポ、フキノトウが頑張っていたかな・・6月に入りヒトリシズカ、ドクダミが勢力を伸ばしてきた。
他には、モクレン、ツツジ、アオキ等も同居 名前も判らない草花もたくさん居て、秋になると 必ず彼岸花が5,6本季節の変わり目を知らせてくれます。

ちなみに南面の裏の空き地は ただ今 ドクダミが勢力争いの結果 勝利(*^ω^*)

静かな住宅街にある家は、まるで野原の一軒家の様相を呈しており、草むしりにかまけて雑草に囲まれている状態は 非常に隣近所に肩身が狭く 心苦しく思いながら過ごしている次第です。

 

今回は 我家の同居人スズランさんに スポットライトを当ててみました。
「君影草」「谷間の姫百合」の別名を持つこの花 姿形が鈴のようなところから命名されました。
日本での花言葉は 「幸福の再来・癒し・純粋・純潔・平静・意識しない美しさ」等 
北海道の札幌市、長野県の駒ケ根市等 約16もの自治体の花とされております。

また、スウェーデンの国花でもあるそうです。北国の人々にとっては、春の訪れの喜びのしるし 花言葉どおり「再び幸せが訪れる」よう願いが込められているのでしょう。

フランスでは 花嫁にスズランを贈る 素適な風習があります。
フランスの5月1日の祭日「メーデー」は スズランの日で、各地でスズラン祭りが開かれ、 愛する人 大切な人に (受け取った人に幸福が訪れますように思いを込めて)スズランの花を送ります。

この風習が始まったのは、1561年5月1日、フランスの王に「幸福をもたらす花」として鈴蘭が贈られたことがきっかけで、その後、王は毎年5月1日に宮廷の夫人達に贈るようにしたのが始まりとか・・・
ちなみにフランスでの花言葉は 「ずっと前から好きでした」「幸福の再来」「さりげないお洒落」・・・と素適な言葉が並びます。

世界中で 愛されている鈴蘭、我家の北側をほぼ手中に治め、他の草花と ただ今 同居中(๑・̑◡・̑๑)

人は植物さん無しでは 生きられないから、我家の同居人すべてに 感謝いたします♡

 

今回は鈴蘭が主役でしたが、いつか 花言葉もついていない、雑草と呼ばれている たくさんの同居人について 紡いでみたいものです。

 

いつの日か 地球上が 緑でおおわれますように・・・

小さな織姫庵へご訪問いただき ありがとうございました。

f:id:orihime-vega:20170530213438j:plain

f:id:orihime-vega:20170627224940j:plain